薄毛に悩むあなたの為のパーフェクト医薬品プロペシア!

DHTの作用とプロペシアのDHT抑制効果について知ろう!

薄毛の原因NO.1 DHTの作用

ここでは男性の薄毛の原因NO.1のDHT(ジヒドロテストステロン)について説明させていただきます。

DHTとは精巣と副腎で作られる男性ホルモンの一種のTH(テストステロン)が変換されてできたとても強力な男性ホルモンです。

とはいっても男性の身体を作るのには必要な男性ホルモンですが、結果として薄毛につながっています。

主なTH(テストステロン)の作用は1.男性生殖器の増大2.性欲の増加3.精子生成量の増加4.骨格・筋肉の成長5.やる気・行動力の増加など身体面の作用や精神面の作用など多岐にわたります。

しかしこのTH(テストステロン)が変化し、DHT(ジヒドロテストステロン)になると作用も変化します。

1.DHTが皮脂腺の受容体(5αダクターゼ)と結びついて育毛阻害2.体毛の増加3.精力の減退4.前立腺が肥大などの作用があります。

こうしてみるとDHTにあまり良い作用効果はないですね。そこで薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)をいかに抑制するかがカギとなってきます。

プロペシアでDHTを抑制

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアであればDHT(ジヒドロテストステロン)を時間効率よく抑制する事が可能です。

5αダクターゼと呼ばれる酵素が、DHTと結びついて皮脂腺の受容体と結び付くことで過剰に皮脂を分泌させ、毛髪の成長を妨げます。

薄毛治療の医薬品には5αリダクターゼを抑制する方法とDHTを抑制するもの二種類があります。プロペシアはDHTを抑制する医薬品です。

特に薄毛に効果のある医薬品はプロペシアです。しかしこのプロペシアには効果がある反面男性ホルモンを抑制するので副作用もありますので、その理解の元で使用しなければなりません。

主な副作用は性欲の減退や勃起機能の低下などがよくあげられますが、使用者全体で性欲減退を訴えた人は1.8%、勃起機能の低下を訴えた人は1.3%と割合としては非常に少ないです。

しかし少なからず性欲の減退や勃起機能の低下を訴える方はいらっしゃいますので注意は必要です。

しかしこの医薬品は薄毛の原因である男性ホルモンを抑制する効果が非常に高いです。それは医学的にも認められていますので効果は見込めます。

そのため5αリダクターゼを抑制する医薬品よりプロペシアの方が薄毛治療薬として効果があると言えるでしょう。

↑ PAGE TOP