薄毛に悩むあなたの為のパーフェクト医薬品プロペシア!

プロペシアの効果の出る服用方法や服用時間!

プロペシアの服用方法

プロペシアは通常、一日一錠を目安に服用しまが、一日に必要な成分は0.5mg~1.0mgと言われているので体格によって調整が必要です。

服用時間は基本的にいつどのタイミングで服用しても問題はありませんが、プロペシアの効果時間が一錠で約24時間作用しますので、服用する時間を一日の決まった時間に決めておけば無駄なく24時間作用するのでこういった服用方法が望ましいでしょう。オススメの時間帯は朝です。

プロペシアは少なからず肝臓に負担がかかるので、夜に飲酒などされる方には特にオススメですが!プロペシアは即効性のある医薬品ではないため継続して飲み続ける必要があります。

そのため自分にとって「飲み忘れない」ベストなタイミングで習慣化していくことが薄毛を改善していく一番の近道でしょう。

服用における注意点

プロペシア服用するにあたって基本的に注意することは、「必ず水で飲みましょう」これはプロペシアに限らず医薬品を服用する場合、水以外のお茶や、清涼飲料水で飲んでしまうと、その飲料に含まれている成分と医薬品の成分が科学反応を起こしてしまう可能性があるからです。

それでプロペシアのもつ本来の効果が損なわれては元も子もないので、少々めんどくさくても医薬品は水で服用することを心がけてください。

一日一錠という条件ですと飲み忘れの可能性も出てきますよね、そのときの注意点はその前の日の効果時間が被っているうちに次のプロペシアは飲んではいけません。

もしも飲み忘れたらその日の服用はあきらめて、次の日から一日一錠を守って服用していきましょう!

プロペシアと相性のいい医薬品ミノキシジル

よくプロペシアと相性が良いと名前をあげられる発毛医薬品に「ミノキシジル」というものがあります。

ミノキシジルは高血圧の経口薬として開発されましたが、後に髪を成長させ脱毛症に効果があることが発見されました。

髪が成長するメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されています。

ミノキシジルは髪の成長に作用しますが、プロペシアは脱毛を阻止する、と効果が違う為併用が可能であり、さらに個別に使用するよりも、二つを服用した方が効果がでるといわれています。

ミノキシジルの副作用・・・ミノキシジルの副作用は一般的に頭皮の痒みが起こるといわれています。

これはミノキシジルに含まれるプロピレングリコールに対するアレルギー反応が起こるためです。

↑ PAGE TOP