薄毛に悩むあなたの為のパーフェクト医薬品プロペシア!

薄毛治療薬のプロペシアを使って効率よく薄毛を食い止めよう!

プロペシアとは?

プロペシア(フィナステリド)とは、世界60ヵ国以上で認証されている男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)で、アメリカのメルク社が開発した、抗アンドロゲン剤です。

抗アンドロゲン剤とは、男性ホルモンの働きを抑制する薬物の総称です、そのため抗男性ホルモン剤とも呼ばれています。

最初は前立腺肥大患者用の治療薬として研究、開発されました。

しかし前立腺の治療薬が5mgに対して、1mgという少量で服用することでAGA(男性型脱毛症)に効果があることが明らかにされ、1997年12月22日にプロペシアがAGA(男性型脱毛症)の治療薬として許可されました。

男性ホルモンDHTは頭皮の皮脂腺の受容体と結びついて、過度な皮脂を分泌させます。

そのため毛穴を塞いでAGA(男性型脱毛症)を誘発させますが、プロペシアにはこのDHTの生成を阻害する効果があり、薄毛の治療にたいへん効果的です。

日本ではアメリカのメルク社の日本法人であるMDS社(旧万製薬)からプロペシアが販売されていましたが、ファイザーからジェネリック医薬品のプロペシアが発売され、そのため安価で同様の効果のプロペシアを購入することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは?

まず特定の製薬会社が長い年月をかけ、最初に開発した新薬を「先発医薬品」といいます。

この先発医薬品の開発には、莫大な研究費用と時間がかかります。

そのため開発できるのは大手の製薬会社に限られてしまいますが、しかし先発医薬品を開発した製薬会社はこの医薬品の特許権を取得でき、特許期間(20年)が切れるまではその薬の市場を独占することができます。

それに対してジェネリック医薬品は先発医薬品の特許が切れた後に、ほぼ同じ成分、効果の医薬品として発売されたもので、これを「後発医薬品」といいます。

後発医薬品は先発医薬品と違い研究費用などあまりコストがかかっていないため、ほぼ同じ成分、効果の医薬品を安価に販売することができます。

日本製とアメリカ製の違い

日本で処方されるプロペシアはMDS社(旧万有製薬)から販売されています。

それに対して個人輸入で人気のプロペシアは、アメリカのメルク社から販売されています。

万有製薬社は現在、アメリカのメルク社の子会社なので一部形状、色の違いを除き成分などは同じプロペシアです。

個人輸入での購入では病院で検査も処方箋も必要でないため、比較的簡単に購入ができます。

↑ PAGE TOP