プロペシアの具体的な副作用

医薬品を服用するときに気になって来るのが副作用ですよね。

ここではプロペシアにどのような副作用があるか焦点をあてて話していこうト思います。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)治療薬として非常に優秀ですが、医薬品なので当然副作用もあります。

一般的にどんな医薬品も副作用が起こるのは数%と非常に少ないと言われていて、もし万が一副作用が起こってもたいしたことがない、などと言われていますが実際のところはどうなのか、AGAの関連書籍、公開されている臨床試験のデータ、インターネットで実際に服用した方口コミなどをまとめてみました。

臨床試験で確認された副作用

海外行われた臨床試験では二つのグループに分かれてもらい、プロペシアと、何の効果のない偽の錠剤をプロペシアと言ってそれぞれのグループにわけました。

被験者からは主に性機能に関する副作用の報告があり、

・性欲減退を訴えた割合はプロペシアで1.8%、偽の錠剤では1.3%

・勃起機能の低下はプロペシアで1.3%、偽の錠剤では0.7%でした。

どちらも副作用を訴えた人はどちらも少数で数学的に見るとどちらの割合もあまり変わりがありません。

何が言いたいかというと、性機能の低下の副作用は思い込みによって引き起こされている可能性が高いということです。

プロペシアの副作用は一般的に性機能の低下と認知されていて、男性機能は精神面の影響を受けやすいと言われていますのでこういった結果がでるのは頷けますね。

しかし報告がある以上100%安全というわけではないので注意が必要です。

副作用報告

プロペシアを服用して副作用が出た方や注意点などをまとめてみました。

【Sさんの場合】

だいたい夜に一錠プロペシアを飲んでいますが、お酒を飲んだ日は飲まない方がいいですね。

あきらかに体がだるくなったような気がします。

プロペシアもお酒も肝臓に負担がかかるからでしょうか?この飲み合わせ以外は特に今のところ以上はありません。

自分はよく言われている性機能障害の低下なども感じたことがないため、自分の症状も含めかなり個人差があるようです。

【Yさんの場合】

私の場合、副作用ではないのですが、服用の前にプロペシアの副作用について調べていたら、プロペシアは皮膚からも成分を吸収してしまう可能性があるようですね。

妻がいるので影響のないであろう距離まで離れて服用しています。

特に妊娠している場合注意が必要みたいです。

↑ PAGE TOP